西宮で解決した眼瞼下垂の悩み

入院の準備が不要なのでかなり楽

眼瞼下垂を引き起こした入院の準備が不要なのでかなり楽仕事中に感じていた目の奥の痛みや肩こりも解消しました

眼瞼下垂といっても重度ではないので、しばらくは様子を見ながら手術を検討することになりました。
症状が進行すると視界が更に狭くなったり、物が見えにくくなることで眼精疲労が悪化して、頭痛や肩こりも引き起こされることが分かりました。
これは物の見えにくさを解消する為に、無意識的に目を大きく開こうとしたり、顔の角度を変えて首に負担が掛かるのが原因です。
最近頭が重く感じたり、肩こりが酷くなったように感じたのも思い込みではなく、やはり眼瞼下垂が原因でした。
西宮の先生は手術の経験も豊富なので、症状が悪化して手術しか手がないとなれば、迷わずお任せするつもりです。
手術について簡単に説明を受けましたが、麻酔を使う本格的な治療ではあるものの、日帰りで治療を受けられるとのことで、入院しなくても良いと分かり安心です。
これなら仕事を休めない状況で症状が悪化したとしても、手術を受けてすぐに仕事に戻れると思いました。
とはいえ、手術は手術なので術後は患部が腫れますし、顔が変わって見えるのは避けられないので、そこは気にならないといえば嘘になるでしょう。
しかし手術が日帰りと入院では大違いなのは確かで、日帰りだと休みを取る必要がなく、入院の準備も不要なのでかなり楽です。